バストアップ 情報

男性って、本当に女性のバストが好きですよねぇ〜!


男性は女性の「バスト」が好きだと言われていますが・・・何故なのでしょうか?

・・・ その理由は・・・
結論から言えば・・・好きなものは好きだから・・・と言うことになるのでしょが・・・
でもそれではここで話が終わってしまいますので少し考えてみたいと思います!

・・・ここでの話しは、ひとつの「説」としてお聞き下さいね!

【動物の発情期】
まずは「男性」というよりも「オス」について考えてみましょう。
世の中にはたくさんの動物がいます。
当然、そのどれもが「発情期」になると求愛行動等をして自分にふさわしい相手を探し
繁殖行為に移ります。
この「求愛行動」はオスからする動物もあればメスの場合もあります。

では「肉体的」にはどうでしょう?
例えば、人間に近いサルを例にとってみましょう!
何故サルのお尻が赤いのか・・・
それはサルの種類にもより、メスに限られます。

発情期になると、メスザルのお尻が赤くなってオスザルを誘います。
メスザルのお尻に見える赤い部分は、実はメスザルの外陰唇にあたる部分とのことで
それを見てオスザルが興奮して交尾に入るんだそうです。

でもこれだけでは「バスト」と何の関係もありませんから、別の角度から見てみましょう!
これは、以前テレビで専門家の方が説明していた話です。

その専門家の話では・・・
サルの赤い部分は、動物の「性皮(せいひ)」と呼ばれる部分に当たるとのことです。
「性皮」というのは、メスがオス引き付ける役割をもつ体の大事な部分とのことでした。
動物の種類により、メスの「性皮」はさまざまな場所にあるといいます。
つまりオスから見て、メスの一番目に付き、魅力的な部分にあるそうです。

サルの場合、オスがメスを追いかけるとき、一番目に付くのはお尻です。
ですからそこに「性皮」があり、メスが発情期に入ったときは赤くなってオスに知らせて、興奮したオスを交尾に誘っているのだと言うことでした。

ところが直立歩行で歩くようになってから、お尻は下の位置になり、目の前で見ることが
少なくなりました。
その為、オスから見て一番目に付くメスの「胸」に「性皮」移ったらしいのです。


動物にとっての発情期・繁殖行為は、種族を残すために重要です!
繁殖行為を考えたら、メスは「性皮」を使ってオスを興奮させる必要があり、オスは
「性皮」を見て興奮する必要があります。
それだけメスの「性皮」とは重要なものなんだそうです。

ところが進化して「人間」になったら、発情期と呼べるものが無くなってきました。
無くなったと言うと聞こえはいいのですが・・・
分かりやすく言えば年中発情期になってしまったといえます。

つまり「いつ」でも「どこ」でも「だれと」でも・・・っと節操が無くなったわけです!
種族を残すための繁殖行為という重要な本能が消えてしまい、SEXという快楽だけの
本能が残ってしまったといえるでしょう。
そうなると、発情期に必要な「性皮」の役目が無くなってくるはずです。
しかし、男性の中にはまだその「本能」が残っているのではないでしょうか?
ですから知能的に進化した今でも、女性の胸を見て興奮するのかもしれません。



恋愛・エッチに関する悩み、体調・疾病の改善、資格習得ノウハウなど、さまざまな教材テキストやマニュアルは、下記 ⇒ 表示ページ下部 ⇒ 「インフォトップ ポータルトップへ」⇒『インフォトップ公式ホームページ』でお探し頂けます!



infotop




【大きなバストを望む理由】
では「何故」男性は女性の「大きなバスト」を望むのでしょうか?
母親の立場からみれば、子供に母乳を与えるだけなら大きくなくてもいいわけです。
実際に、胸の小さな動物でもちゃんと子供に母乳を与えています。
つまり「乳首」さえあれば母乳を与えることができるんです。
しかも「性皮」の役目が弱くなったのであれば、なおさら大きくなくてもいいはずです!

ところが人間も動物である以上、やはり「性皮」の役目はまだ残っているみたいです。
なぜなら、種族の繁栄を考えれば、やはり強くてたくましい子孫を残そうとします。
その為にオスは健康的なメスを選んで繁殖行為に入ろうとするはずです。

よく大きなお尻の女性は安産型で、たくさん子供を生めるなんて言いますが、これは
典型的な例でしょう。
つまり「本能」として健康的な女性を望んでいるんです。
ですから、胸に「性皮」としての役割が残っているとしたら、当然「オス」に
アピールできる大きな胸の女性は健康的だと「本能」が感じるはずです。

  貧弱な胸よりも大きな胸の女性の方が健康的で
  たくさん母乳を与えられると「本能」が訴えている
  のではないでしょうか?
  また、男性が生まれて初めて触れる異性は母親で
  そしてその母親の「おっぱい」です。
  勿論、女性も母親の「おっぱい」には触れますが
  異性ではありません。
  そう考えてみると男性にとって女性の「おっぱい」
  は特別なものだともいえるでしょう。

  話は変わりますが、女性には「レズ」の人がいます。
  勿論表立って「私はレズです。」という人は少ないと
思いますが、「隠れレズ」、「妄想レズ」は結構います。
女子高などで、女の子同士でキスをした経験のある人も多いのではないでしょうか?
また、たとえ「レズ」じゃなくても、本当に仲の良い可愛い友人とキスしたいと、少しでも
考えたことがある人も多いはずです。
男性の場合、仲が良くても友人とキスしたいと考えることはまず皆無です!
「ホモ」や「オカマ」は別ですが・・・!
考えてみると、女の子が生まれて初めて触れる相手は母親という同姓です。その母親を拒否すれば、赤ちゃんは生きていけません。ですから自然に受け入るはずです。
つまり女性は、同姓に対しての免疫が赤ちゃんの時から少しできているのではないかと
考えます。

男性は、生まれて初めて触れた異性の「おっぱい」の温かみと柔らかさを忘れることは無いはずです。
たとえ「貧乳」の母親でも、赤ちゃんからみれば、自分の顔と同じ位の胸はとても大きく、
暖かく、そして安心できるものだと思います。
物心が付く前に感じた「おっぱい」のぬくもりは、男性の深層心理に残っているはずです。
ですから男性にとって、女性の大きな胸は「安心感」を与えてくれる重要な部分といえるのではないでしょうか!

【プロポーション】
女性にとっては、プロポーション的にも「バスト」は大事な要素です!
素敵な服を着る時も、腰が締まっていてバストが強調されていると魅力的な女性に
見えるからです。
そのためにバストアップと同様、ダイエットに励む女性も増えています。

ところが「男性」と「女性」ではプロポーションの好み、考え方が少し違うようです。
例えば、A=スマートな女性 B=少しふっくらした女性 C=結構ぽっちゃりした女性 
の中で、貴方はどのタイプが好みですか? っとアンケートをとったところ・・・
彼女にするなら「A」と答えた人が多く、その次に「B」でした。
ところが、エッチをするなら、あるいは結婚するなら「B」と答えた男性が結構いるんです。
つまり先ほどの「本能」という点から考えると「A」は痩せすぎ、「C」は太りすぎで健康的
では無いということになります。

では「男性」と「女性」は、最初に「女性」のどこに目が行くのでしょうか?
これも以前、テレビで実験していました。

海で遊んでいるビキニの女性グループを「男性達」が見た場合と「女性達」が見た場合の
目線を追いかける実験です。
まず「男性」の場合ですが、最初に見るのはほとんど「顔」と「バスト」でした。
次に「お尻」「太もも」・・・
男性の見方は、彼女にするなら・・・エッチをするなら・・・という角度から観察する傾向があるみたいです。
男は本能丸出しで生きていると言われても、まったく反論できない結果です。

それでは「女性」はどうなんでしょうか?
見る順番は人によってまちまちですが、「バスト」「二の腕」「腹回り」「太もも」といった部分に集中しました。

ここで面白いのは、男性が少しふっくらした女性の「二の腕」や「太もも」を見て「柔らかそう」「すごくいい」と言っているのに対して、女性達はみんな「醜い」「みっともない」と言っていたところ!
「腹回り」も同様で、少しふっくらした女性を見て、男性のほとんどが「理想的」だったのに対して、女性は全員「否定的」だったことです。

そしてスマートな女性に対しては全く逆の反応が返ってきました。
女性は好意的だったのに対して、男性は「スマートだけど痩せすぎ。」「抱いても硬そう。」という意見が多かったんです。
こう考えてみると、男性は痩せた女性よりも、ふっくらした女性の方が好きな人が結構
いるということです。
ただ彼女として一緒に歩くならスマートな女性! エッチや結婚するなら少しふっくらした
女性・・・っと、結構わがままではありますが・・・。

そのように考えると男性の好みは、健康的な女性を選ぶという「本能」に結構沿っているように思えるのですが、では女性の指摘する「二の腕」などの「醜い」という考え方は何なのでしょう?

これも女性の中にある「繁殖行為」の一種ではないかと考えます。
つまりより良い子孫を残すために、相手を蹴落として自分が子孫を残すための「本能」です。
勿論、男性に好かれるためという理由もあるでしょうが、そのためだけならば多少ふっくらしていても問題は無いはずです。

サル山のサルは、オス同士で戦って、一番強いものがボスになります。負けたものは当然ボスに逆らうことはできません。
ですからそのボスザルは、何の遠慮もなく自分で何匹ものメスを選べるわけです。
女性同士がプロポーションを競う姿は、これと似ているようにも思えます。
先ほども言ったように、男性に好かれたいのであれば、男性が望む体型でもいいはずです。しかし、同姓への対抗意識を働かせている姿は、やはりサル山のサルの行為に似ていると思います。

つまり相手より「綺麗」、「美しく」なって
「あの人には勝てない」という敗北感を
植えつけ、自分が優位に立つ為の行為
が無意識に出ていると考えるわけです。

男性は自分の好みに走るのに対し、女性はまず周りの敵を蹴散らすということが正しければ、女性の方がはるかに知能的な生き物と言えるのではないでしょうか?

さてさて、話を「バスト」に戻してみましょう。
先ほどの実験では、男性も女性も最初に目が行く場所に「バスト」が入っています。
大きなバストの女性には、男性も女性も共に好感を持っていました。
男性は女性の大きな「バスト」を好み、女性は大きな「バスト」で男性を引き寄せる!
これはまさしく「性皮」そのものの役目と言えます!
人間に進化して、年中発情期にはなっても「性皮」の役割はいまだに健在と言っても過言ではありません。
言い換えれば「性皮」の役割が大きくなったからこそ、年中発情期になったとも言えるのではないでしょうか!

【バストサイズ】
いろいろ述べましたが、やはり男性は女性の「バスト」が好き・・・みたいです。
しかし、すべての男性が「大きいバストを好き」かというと、そうではありません。
やはりAカップやBカップの小さくて可愛いバストが好きだという男性も実は多いんです。
ところが、大きなバストには「巨乳」という誇らしい名称がありますが、小さいバストには「小乳」という可愛い名称はありません。
あるのは「貧乳」という情けない名称だけです。
男性どうしで女性のバストの話になった時、大きな胸が好きな男性は「巨乳好き」と言われますが、決してマイナスのイントネーションではありません。
ところが小さな胸を好きな男性は「貧乳好き」と言われ、言葉のトーンからマイナスのイメージの方が強くなります。
ですから小さな胸が好きな男性も、あまり大きな声で「小さい胸が好きだ」とは言わないんです。
しかし隠れAカップ、隠れBカップの男性もいることを忘れないで下さい。



恋愛・エッチに関する悩み、体調・疾病の改善、資格習得ノウハウなど、さまざまな教材テキストやマニュアルは、下記 ⇒ 表示ページ下部 ⇒ 「インフォトップ ポータルトップへ」⇒『インフォトップ公式ホームページ』でお探し頂けます!



infotop




せっかくですから、ここで「バストアップ」についてお話してみたいと思います。
「バストアップ」と言っても、当然「メリット」「デメリット」があります。
それを理解した上で、バストを大きくしたい方は、決して我流で行わず、正しいマニュアルに沿って実践されることをお勧めします。
何故なら、我流のバストアップには大きな落とし穴があるからです。

まず「バストアップ」というと、昔は「胸を揉めば大きくなる」なんて言われていましたが、それは間違いであるということ!
胸は脂肪の塊です。下手に揉めば大きくなるどころか、逆に脂肪が燃焼して小さくなってしまいます。
仮に大きくなったとしても、形が悪くハリもない、ただ大きいだけのバストになってしまう可能性があります。
ですから知識もない素人が我流で実践されるのは危険ですから注意して下さい。

またバストの大きさには「乳腺」が関係しています。ところが日本人女性の乳腺は柔らかく、外国人のようなハリのあるバストにはなりにくいということも覚えておいて下さい。
ハリのあるバストにしたい方も、必ず正しいテキストに沿って実践して下さい。

さらに重要なことがあります。
世の中には「バストアップ」のためのサプリ、コスメ、本やマニュアルがたくさんありますが、「バストダウン」のマニュアルは皆無に等しいということです。
つまりバストを大きくさせる方法はあっても、小さくさせる方法は見当たらないんです。
先ほど「下手に揉めば大きくなるどころか、逆に脂肪が燃焼して小さくなってしまいます。」と言いましたが、これはバストが小さい人は・・・ということです。
バストの大きな人は乳腺も発達していますから、脂肪が燃焼するよりも、場合によってはさらにバストが大きくなってしまいます。
仮に「脂肪が燃焼」したとしても、バストの外の皮は縮みませんから、まるでおばあさんのような垂れたシワシワのおっぱいになってしまいます。
ですから、もし「バストアップ」に成功しても、度を越して大きくしすぎると取り返しがつかないので気を付けましょう。

もし「バストアップ」に挑戦される方がいらっしゃるのであれば、「C」カップにしたければ「B」、「D」カップにしたければ「C」と、少し手前で様子をみることをお勧めします。
どんな方法でも、今止めたからといってすぐに成長が止まる訳ではありません。止めてからでも少しは惰性で成長するんです。
ですからどんな方法であっても、様子を見ながら行うことをお勧めします。

ちなみに、男性の好みで一番人気のカップサイズはやはり「C」と「D」でしょう。
「E」や「F」、それ以上の「巨乳」が好きな男性も勿論多くいますが、大きさだけではなく、好まれるのは「美乳」だということを覚えておいて下さい。



【つまり・・・】
ここまでいろいろと「屁理屈」を述べてきましたが、男性が女性の大きな「バスト」を好きな理由は・・・
やっぱり・・・好きなものは好きだ!・・・ということになるのでしょうね!

最近は20代の女性だけでなく、30代〜40代の女性も大きなバストで「美乳」になれるマニュアルが多々あります。
是非それらを参考にして頂いて、素敵なバストになられることをお祈りいたします。

※ 参考になるホームページはサイトの右側にリストアップしました。
  いろいろな種類がありますので、是非一度ご覧下さい。
  携帯からの方は「携帯専用」リストをご覧下さい。





恋愛・エッチに関する悩み、体調・疾病の改善、資格習得ノウハウなど、さまざまな教材テキストやマニュアルは、下記 ⇒ 表示ページ下部 ⇒ 「インフォトップ ポータルトップへ」⇒『インフォトップ公式ホームページ』でお探し頂けます!



infotop


 

サイトマップ

ダイエットなどのサイトのリンク集メタボ対策やバストアップリンク集美しくなるための情報サイトのリンク集